Casaってどんな保証会社?

家賃保証会社の口コミ・評判

家賃保証会社Casa(カーサ)を最前線が徹底調査いたしました。Casaの会社概要、保証範囲所属団体、決算情報、関連会社などをまとめています。

アヒル
アヒル

アイキャッチ画像はCasa公式HPより引用いたしました。

スポンサーリンク

基本情報

Casaの基本情報
商号株式会社Casa
代表者宮地 正剛
本社所在地東京都新宿区西新宿2-6-1
設立2013年
資本金15億4,900万円
公式HPhttps://www.casa-inc.co.jp/

フォーカス

家賃保証とITを組み合わせた東証一部上場のリーディングカンパニー。家主ダイレクト、入居者カフェ、大家カフェなどの新しい独自サービス。

保証範囲(最大)

Casaの保証範囲
家賃駐車場更新料原状回復費用解約違約金訴訟実費
24ヶ月

所属団体

Casaの所属団体
家賃債務保証事業者協議会未加盟
全国賃貸保証業協会(LICC)未加盟
賃貸保証機構(LGO)加盟
家賃債務保証業者登録番号国土交通大臣(1)第21号

直近の決算情報

Casaの決算情報
売上高経常利益利益率自己資本比率
2014年度63億8,900万円16億1,500万円25.2%35.3%
2015年度71億3,900万円17億円23.8%40.6%
2016年度80億2,200万円12億6,300万円15.7%47.0%
2017年度82億9,300万円12億1,200万円14.6%53.9%
2018年度86億900万円13億9,100万円16.2%53.8%

(最前線調べ)

関連会社

競合会社

  • オリコフォレントインシュア
  • ジェイリース
  • Casa
  • 日本賃貸保証
  • フォーシーズ

コメント

元々はリプラスというマザーズに上場している家賃保証会社の事業部としてあったRentGo(レントゴー)という商品名が会社の発祥。2008年9月にリプラスは倒産し大騒動が起きたが(通称、リプラスショック)、2008年10月にリプラスの家賃保証事業はレントゴー保証株式会社として再出発をした。このときにレントゴー保証の代表取締役に就任したのが、現Casaの代表宮地正剛。

2009年11月、Casaが主導となって賃貸保証機構(LGO)を設立。宮地正剛が代表理事にも就いている。2010年12月、レントゴー保証をCasa(旧Casa)と社名変更。

日本保証システム、ティーシップ、HDAという家賃保証会社3社を子会社化したが、2012年1月1日に日本保証システムを吸収合併、2012年7月1日にティーシップを吸収合併、2012年11月1日にHDAを吸収合併。

2017年10月には東証二部に上場。当時はまだあんしん保証(マザーズ上場)とジェイリース(当時はマザーズ上場)くらいしか上場している家賃保証会社がいなかったので、家賃保証会社の格付けとしては一番高かった。2018年10月には東証一部に指定替えをしている。

一般的に家賃保証会社の営業先は不動産屋(管理会社、仲介会社)。これは家主に直接営業をしてしまうと管理会社の業務を奪うようにも見えるため、管理会社を通すのが一般的であるため。しかし、Casaは家主に直接営業をかける手法を積極的に取り入れ、システム会社にも資本を入れることで(パレットクラウド)独自のITソリューションを展開することで他社との訴求を明確に分けている。

アヒル
アヒル

すべて最前線の独自調査です

コグマ
コグマ

間違っていたら訂正お願いします

アヒル
アヒル

お客様の声も随時募集中です

コメント

タイトルとURLをコピーしました